怖い話・都市伝説1

作者に連絡

view

ホテルでの肝試し



私が学生時代に某老舗ホテルで

ルームサービスのバイトをしていた時の話です。


そこでは前々から新人バイトに

度胸試しをさせるのが恒例となっていました。


それは『深夜のカード回り』。


1人で客室のドアノブに掛けられた

朝食注文票を集めに行かされるのです。


その際、先輩に必ず聞かされる話があります。

【続き】
http://kowai.golog.jp/archives/10554118.html

滅多に鳴らない電話


うちの会社には、滅多に鳴らない電話機がある。
今よりも部署が多かった頃の名残で、回線は生きているものの
発信する事もなければ、着信もごくたまに間違い電話がある程度だった。
あるとき、俺は仕事が立て込んで、深夜まで一人で仕事をしていた。
週末で、何も無ければ飲みに出かけようかと思っていた矢先急な仕事が入ってしまい、やむなく遅くまで残業する羽目になったのだ。
その仕事も終わり、そろそろ帰ろうかと支度を始めようとした時、不意にその電話が鳴った。
またか、と思った。
深夜まで残業する事はたまにあり、夜の12時差し掛かるあたりになると、よくその電話が鳴る事があったからだ。

【続き】
http://fc2kowai.blog.fc2.com/blog-entry-501.html

化かされる



314 あなたのうしろに名無しさんが・・・ sage 03/09/26 22:26
うちの母親が奈良出身なのだが、
小さい子供の頃はよく年寄りが川に首をつっこんだ状態で
死んでいたらしい。

なぜ、そのようなことになっているのかというと、
狸に化かされて、道に迷い山の中を歩き回される。

【続き】
http://skowa.blog.fc2.com/blog-entry-71.html

お前だー!




747 本当にあった怖い名無し sage 2012/08/04(土) 19:46:23.31 ID:dudX7Rm/0
お前だー!


 絶壁に沿って作られた細い道を、男は急いでいた。大波が岸壁に叩きつけられ、男の
脚絆から股引まで濡らしていた。そこは、難所として旅人に知られている。
 こいつぁいけねえ、と男は思った。海がどんどん荒れ狂ってきたのだ。壁にうがたれた
穴を見つけた時、男は安堵のため息をついた。だが、飛沫の向こうから人が来ている
のが分かると、男の心臓は縮まった。男と老婆は穴の前で鉢合わせした。人ひとりやっ
と入れる穴だ。波はすでに男の陣笠まで濡らしている。男は意を決した。彼は老婆を突き
落とした。

【続き】
http://skowawa.blog.fc2.com/blog-entry-61.html

オツキサン



421 オツキサン sage 2011/08/06(土) 10:46:52.98 ID:MFEMaJmK0
スレチかもしれないけど投下しとく

もう、夏真っ盛りだね。
この時期になると、昔のことを思い出す。


俺の地元には大小の山の中に、ひときわ小さな山がある。本当に小さな山だ。
でもなぜか、大人と一緒であろうと、子供はこの山に登ってはいけないということを聞かされていた。


【続き】
http://kowaz.blog.fc2.com/blog-entry-39.html

旅館のバイト


799 旅館人 sage New! 2013/03/26(火) 01:38:19.11 ID:gP2+dMyn0
まぁいいや書いてくね
初めて書きますので
不慣れですが生温い感じで聞いてやってください。

今から6年前、17歳のころの話。

その日隣の奥さんから「あたしの働いてる旅館で年末人が足りなくなるからバイトしない?」
という話をもらいました。

場所はM県にあるS並という温泉街です。

すぐに親友に連絡して二人で働くことを決めました。

【続き】
http://kowakowai.blog.fc2.com/blog-entry-41.html


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する