映画(八日目の蝉)不倫相手の子供を誘拐し4年間育てた女と、 誘拐犯に育てられた女。動画&画像

不倫相手の子供を誘拐した女と、誘拐犯に育てられた女。ふたりの4年間の逃亡生活と、その後の運命を描いたヒューマンサスペンス。監督は『孤高のメス』の成島出。 最終更新日:2015年08月15日

作者に連絡

view

直木賞作家・角田光代のベストセラー小説を、井上真央、永作博美主演で映画化。

八日目の蝉

今日まで母親だと思っていた人が、自分を誘拐した犯人だった。
1985年に起こったある誘拐事件―。

不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが叶わない絶望の中で、男と妻の間に生まれた赤ん坊を連れ去る女、野々宮希和子と、その誘拐犯に愛情一杯に4年間育てられた女、秋山恵理菜。
実の両親の元へ戻っても、「ふつう」の生活は望めず、心を閉ざしたまま21歳になった恵理菜は、ある日、自分が妊娠していることに気づく。
相手は、希和子と同じ、家庭を持つ男だった。過去と向き合うために、かつて母と慕った希和子と暮らした小豆島へと向かった恵理菜がそこで見つけたある真実。

八日目の蝉


出典:YouTube
八日目の蝉
『八日目の蝉』/4月29日(祝)より全国公開 公式サイト:http://www.youkame.com/index.html 松竹 配給 (C)2011 映画「八日目の蝉」製作委員会.

八日目の蝉


出典:YouTube
八日目の蝉 ダイジェスト映像
逃亡先である小豆島にて平穏な日々を過ごしていた希和子と薫。 ある日「虫送りの祭り」に参加していた希和子と薫の姿が新聞 記事に大きく取りあげられ顔写真が掲載されてしまう。 行き場を失った希和子は、新たな逃亡先を求めて薫を連れ海を 渡ろうと決意する。 そして今まさにフェリーに乗ろうとした時、待ち構えていた刑事たちによ...

八日目の蝉


出典:YouTube
八日目の蝉
今日まで母親だと思っていた人は、自分を誘拐した犯人だった。21年前に起こったある誘拐事件―。不実な男を愛し、子を宿すが、母となることが...
八日目の蝉
八日目の蝉
八日目の蝉

注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ