映画(麦子さんと)豪華スターが親子役として競演。珠玉のハートフル・エンタテインメント。動画&画像

声優を目指すオタク系女子・麦子は、頼りない兄とふたり暮らし。そんなある日、自分たちを捨てた母親が突然舞い戻って来て…。 最終更新日:2015年08月13日

作者に連絡

view

『銀の匙 silver spoon』の吉田恵輔監督・脚本、堀北真希主演による親子愛をユーモラスに描いたハートフルコメディ。

麦子さんと

出典:eiga.com
麦子さんと

お母さんはアイドルだった! ? 堀北真希主演! 兄に松田龍平、母に余貴美子、豪華スターが親子役として競演。珠玉のハートフル・エンタテインメント。 監督は「純喫茶磯辺」「銀の匙 silver spoon」など独特の世界観でファンの心をつかむ吉田恵輔。脚本も手がけた吉田監督の、半自伝ともいえるストーリー。

<ストーリー>
ひとつだけ伝えたい。「大キライだったけど、お母さん。ありがとう。」 突然舞い戻って、突然死んでしまったお母さん。でも私たちとお母さんの物語は、そこから始まる―。 声優をめざす麦子は、頼りない兄と二人暮らし。専門学校への入学金をアルバイトで稼ぐ日々を送っていた。そんなある日、自分たちを捨てた母親が突然舞い戻ってきた。顔も覚えていない母との生活に戸惑う麦子。そして投げつけた一言は、「あなたのこと、母親だと思ってないから」。その言葉を最後に、母は帰らぬ人となった――。 兄に押し付けられ、母の故郷へ納骨に行くはめになった麦子。そこで初めて、母は町のアイドルだったことを知る。さらに、麦子は若き日の母に瓜二つだった。アイドルの再来に色めき立つ町の人々に振り回されながら、麦子は母の青春、人生を初めて知ることになる…

映画『麦子さんと』予告編


出典:YouTube
映画『麦子さんと』予告編
『純喫茶磯辺』『さんかく』など独特なセンスで注目を浴びる吉田恵輔監督が、構想に7年かけたハートフル・ドラマ。納骨のため亡き母の故郷を訪れたヒロインが、町の人々との交流を経て母の知られざる一面に触れ、それまでとは違う母に対する思いを抱いていく。声優を夢見るオタク女子の主人公に、連続テレビ小説「梅ちゃん先生」が好評だ...

『麦子さんと』(むぎこさんと)は、2013年12月21日に公開された日本映画。監督は吉田恵輔、主演は堀北真希。 声優を目指してアニメショップで働くオタク女子がかつて自分と兄を捨てた母と死別し、納骨に訪れた母の故郷でその青春の足跡を追う、親子愛を描いた物語で、監督の吉田が構想に7年をかけたオリジナル作品

出典:ウィキペディア

堀北真希(小岩麦子)

堀北真希

出典:www.asahi.com
堀北真希

堀北真希の性格について『ALWAYS 三丁目の夕日』監督・山崎貴は、見た目はのんびりとした性格に見えるが、クランクインになる前からセリフや方言、役柄の性格を完璧に覚え、当日できなかった課題については家でしっかり練習して次の日にはクリアできるようにしてくるほどのストイックな性格であると述べた。だから追い詰めれば追い詰めるほど本人には無い性格が開花してくるので将来が楽しみだと述べた。


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ