【告知】Facebook連携できない不具合を修正しました。

家を売りたい!そんな時の手順を総チェック!

自宅や所有する土地やアパートなどを売却する場合、買ってくれる人を見つけてすぐに売る、というようにはなかなか行かないものですそこで不動産を適正な価格で売るには、どのような手続きが必要で、どれくらいの時間がかかるのかをまとめてみました。 最終更新日:2017年02月23日

作者に連絡

view

まず最初にやるべきこととは?

不動産の一括査定とはなにかというと。
・優良な不動産会社(地域密着のとこから、大手不動産会社まで)最大6社に査定してもらえる
・入力は1回で良い(まとめて一括で査定してもらえる)
・複数の会社の査定額を比較して決められる
・一切お金はかからず無料で利用できる
・150万人以上の利用実績

出典:www.home-uru.com


一括査定が便利であったと語っています

買主を探してくれ、仲介を行ってくれる不動産屋を探しましょう

ちなみに家を売るのと買うのではどちらを先にすべき?

自宅がある場合、それを売ってから買うのと、新居を買ってから売るのはどちらが良いのでしょうか

・お客様によって異なります。ケースバイケースです!
・お客様それぞれの「安心」と「安全」をプランニングしてから提案します。
・基本は売却が先行するケースが多いです。

出典:suumo.jp

意見も様々で、一概に言えるようなものではないようですね

価格を決めたら不動産屋と契約

それぞれの契約の種類のメリット、デメリットをしっかりと理解しておきましょう

専属専任媒介契約
仲介を1社の不動産会社にのみ依頼する契約で、他の不動産会社に重ねて仲介を依頼することは契約で禁じられています。

専任媒介契約
専属専任媒介契約とほぼ同様の契約ですが、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とは、不動産会社を通すことなく契約することができます。

一般媒介契約
複数の不動産会社に同時に仲介を依頼することができる契約で、自分で見つけてきた相手方(親戚や知人と直接交渉した場合など)とも、不動産会社を通すことなく契約することができます。

出典:www.fudousan.or.jp

不動産屋との契約にも種類があるようです


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する