< >

エレファントカシマシは日本の最高峰ロックバンド

まさに散り桜の今、道に散在する花びらや花筵を見ると、この歌詞の素晴らしさを改めて思う。桜の散るあはれを歌うのではなく、散り落ちた花の舞う有りように人生をなぞらえる。 “俺が再び咲かせよう”との歌詞に、生きてゆく覚悟とその潔さを見て心が震えた。