サッカーワールドカップ国際審判の役割

3月29日、国際サッカー連盟(FIFA)は6月14日に開幕するワールドカップのロシア大会を担当する主審36人、副審63人、計99人の審判員を発表した。日本からは佐藤隆治主審(1977年愛知県生まれ、大会開幕時には41歳)と、3大会連続の相楽亨副審(76年栃木県生まれ、41歳)の2人が選ばれた。 最終更新日:2018年06月24日

作者に連絡

view


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する