<

ポイント③ 母子家庭・父子家庭になったら保障を手厚く

出典:hoken-eshop.com

子どもがいる状態で離婚をし、母子家庭・父子家庭になった場合は、万が一のことがあった際の子どもの将来を考え、保障を手厚くする必要があります。
母子家庭・父子家庭になると、夫婦でいるときに比べて収入も減り、貯蓄もままならなくなる場合が多いので、自身に万が一のことがあった際には子どもに経済的な負担がかかってしまいます。
又、万が一の際だけでなく、病気やケガで通院してしまった際の医療費や、長期で入院してしまった際の収入減少のリスクに備える必要もあります。
自分の葬儀費用と子どもの教育費・養育費等、今後必要となる必要保障額を上乗せしておきましょう。

>

保険見直しのタイミング・シチュエーションをまとめて紹介!

保険見直しのタイミングと、見直し時のポイントについてまとめました。