水道水と比べてウォーターサーバーは何が良い?

水道水だけで十分じゃない?と思っている方へ、ウォーターサーバーのオススメポイントを纏めました。 最終更新日:2018年01月25日

作者に連絡

view

水道水とは?

日本国内では、水道水には「塩素」を入れることが水道法によって義務づけられています。これは、塩素が持つ強い漂白・殺菌作用を利用して、お水に含まれている大腸菌などの病原菌や雑菌、細菌などを消毒するためです。基本的に水道水に添加する塩素は微量のため、人体には影響のない濃度だとされていますが、法律で蛇口から出る水道水の中に0.1mg/L基準値以上の残留塩素があることが義務づけられています。塩素の最低基準が設けられており、水道水の殺菌消毒が確実に行われていると判断しているためです。

出典:www.aquaclara.co.jp

一番の違いは味わい!

水道水とウォーターサーバーの水で一番違うのはやはり味わいです。説明にもあったように、水道水には「塩素」が入っています。いわゆる「カルキ臭い」というのはこの塩素が理由です。
ウォーターサーバーに使われている「天然水」「RO水」にはこの塩素は含まれていません。

もちろん水道水だっておいしいです。

でも、ウォーターサーバーの水はもっとおいしい!

ウォーターサーバーでは様々な場所のお水を利用しています。
含まれているミネラルが違うので、それぞれ味わいも違いますが、塩素が入っていないのでカルキっぽい感じは一切ありません。

お湯がすぐに使える!


注目まとめ

人気まとめ

まとめ作者

グルメや料理がすき。

まとめを作成する