もう遅い???大人になってからの歯の矯正で素敵な笑顔を取り戻そう!

子供の歯の矯正はよく見かけますが、大人になってからでも歯の矯正はできるのでしょうか?そういえば、大人で歯の矯正器具をつけている方はあまり見かけません。気になったので、歯の矯正の年齢制限について、調べてみました。 最終更新日:2018年06月20日

作者に連絡

view

大人になってからでも歯の矯正はできるの?

歯列矯正は、子供がするものだと思っていませんか。本来、矯正歯科治療には年齢制限はありません。どなたでも受けられる治療です。

少し専門的にご説明をすると、歯は顎の骨の中に植立していますが、一つ一つの歯は歯根膜と呼ばれる薄い膜状の組織に包まれています。歯根膜にある細胞の働きで、歯は歯槽骨の中で移動することが可能です。歯根膜は一生動きます、そのため、いくつになっても矯正歯科治療を始めることができるのです。

最近では20~30代の患者さまはもちろん、50歳・60歳を過ぎて治療を始める方も少なくありません。気なる方は、まずは相談からはじめてみませんか?

出典:大人の矯正ガイド

歯の矯正に年齢制限はないようですね!50歳・60歳過ぎでも治療を始める方もいらっしゃるようです!

そもそも大人になってから歯列矯正をする理由は?

①歯を長持ちさせることができる

正しい噛み合わせになると、毎日の食生活が豊かになるのはもちろん、噛み合わせのズレによる物理的負担が少なくなるので、歯を長持ちさせることができます。また、きちんと噛むことで歯根膜に適度の刺激が加わり、歯周病などの予防にもなるといわれています。逆に歯並びが悪いと歯垢も溜まりやすく歯のケアが難しくなります。

出典:これから、矯正を始める5つの理由

正しい噛み合わせになることで、日々の食事でもきちんと噛むことができ、結果、歯の負担が減って、歯を長持ちさせることができるようです。

②肩こりや腰痛、頭痛が楽になる

噛み合わせは、食べ物を咀嚼することだけでなく、私たちの体のバランスにも深くかかわっています。噛み合わせが悪いことが原因で、肩こりや首痛、腰痛、頭痛などの不定愁訴が起こっているケースも少なくありません。歯列矯正を行うことで歯並びが整い、長年悩まされていたさまざまなトラブルが改善されるケースもあります。

出典:これから、矯正を始める5つの理由

噛み合わせが良くなることで、結果として、体のバランスが良くなり、肩こりや腰痛などの不定愁訴がよくなることもあるようです。

③歯並びのコンプレックスが解消できる

矯正最大のメリットは、外見的な悩みが解消すること。"長年のコンプレックスが解消できた""歯を見せて笑えるようになった""自分に自身がでて、性格が前向きになった"など見た目だけでなく、気持ちにまで変化が生まれます。ただ、自分の理想にどこまで近づけるかはケースバイケース。しっかり相談してください。

出典:これから、矯正を始める5つの理由

やっぱり、見た目に変化があるのが一番ですね。見た目が変われば、表情も若返り、肌にもハリが出て、自然と素敵な笑顔が増えるかもしれないですね。

④虫歯や歯周病になりにくくなる

歯列がそろうと、歯磨きやデンタルフロスがしやすくなります。歯の間に食べたものが詰まりにくくなり、詰まっても歯磨きで簡単に落とせるようになるので、虫歯や歯周病のリスクが低減します。口腔内が清潔に保てることから、口臭の改善も期待できます。

出典:歯列矯正を大人になってから始める5つのメリットとリスクまとめ

歯並びが良くなると、歯の間に食べカスが詰まりにくくなったり、詰まってとしても、歯磨きやフロスがしやすいので、結果的に虫歯や歯周病になりにくくなるようです。

歯列矯正の費用はどのくらい掛かるの?


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する