人工毛or自毛?植毛するならどっちがいい?特徴・メリット・デメリットまとめ

薄毛対策の最終兵器といわれている「植毛手術」に関する情報をまとめました。人毛のほうが自然な見た目といわれてきましたが、人工毛もかなりナチュラルな毛髪が開発されているようです。 最終更新日:2019年01月24日

作者に連絡

view

自毛植毛の場合、移植後、一定期間経過すると一時的に抜け落ちてしまい、また新たに生え揃うのを待つ必要があるため、しっかりと生え揃うまでに約1年~1年半程の期間が必要となります。

出典:shinwa-dr.net

ただし、生え揃ってしまえば、その後のメンテナンスなどのランニングコストは基本的にかからないというのはメリットとなります。

出典:shinwa-dr.net

生着率とは移植した株が実際に発毛する確率のことを言います。自毛植毛の場合、約80%~95%が生着し、一度生着した場合、一時的に抜け落ちたとしても、また生え揃ってくるので、長期間効果が持続します。

出典:shinwa-dr.net

自毛植毛の場合、自分自身の毛包細胞を使用するため、頭皮への悪影響も最低限に抑えられ、安全に移植が可能となり、身体的負担はもとより、精神的な負担の軽減も見込めます。

出典:shinwa-dr.net

ただし、費用は高め

正直なところ、自毛植毛の費用は安価なものではございません。ただ、一度手術を行ってしまえば、その後のメンテナンス費用などのランニングコストは基本的にはかかりません。

出典:shinwa-dr.net

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する