人工毛or自毛?植毛するならどっちがいい?特徴・メリット・デメリットまとめ

薄毛対策の最終兵器といわれている「植毛手術」に関する情報をまとめました。人毛のほうが自然な見た目といわれてきましたが、人工毛もかなりナチュラルな毛髪が開発されているようです。 最終更新日:2019年01月24日

作者に連絡

view

比較される対象として自毛植毛がありますが、こちらは後頭部などの髪の毛の毛根を採取し、薄毛が気になる箇所に移植する治療。

出典:hagelabo.jp

人工毛植毛は「即効性」があり「見た目が自然」な仕上がりに

自毛植毛は、ある程度採取する毛が残っていないと施術できませんが、人工毛植毛であれば薄毛の進行具合を問わず施術が可能です。

出典:hagelabo.jp

施術してすぐに望んでいたヘアスタイルを楽しむこともできるのです。

出典:hagelabo.jp

特殊な植毛針を使用し、1本1本手で植えて行く作業です。他の方法と違い非常に手間がかかる方法ではありますが、その分仕上がりが自然になります。

出典:hageryman.jp

人工毛植毛の場合、希望の長さや量を一度に移植可能なので、薄毛を隠すと言う意味での即効性は、その日のうちにすぐに感じることが可能となり、自毛植毛のように生え揃うのを待つ必要はなくなります。

出典:shinwa-dr.net

出典:dennsya アップロード

ところが、近年ではよりナチュラルな構造の人工毛が開発されています。それがメーカーとして最も古くから人工毛開発をおこなっているアデランスの人工毛「バイタルヘア」です。

芯・鞘の二重構造、髪色の研究も重ねておこなわれており人毛よりも自然な仕上がりと評判です。
バイタルヘアについての詳しい詳細は以下のリンクからcheckしてみてください。

「自毛」の植毛について

自毛植毛とは、自分自身のAGA(薄毛症)の影響が少ない部分から毛包組織(毛髪)を移植して、薄毛の改善をする方法のことを言います。

出典:shinwa-dr.net

自毛植毛は「生着率は高い」が「生え揃うのに一定期間」がかかる


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する