【告知】Facebook連携できない不具合を修正しました。

実はベッキーは芸能界の嫌われ者だった

実はベッキーは芸能界の嫌われ者だった 最終更新日:2016年10月03日

作者に連絡

view

業界人からの嫌われ方がハンパなかった

ベッキー

キー局で数多くのバラエティー番組を手掛ける売れっ子放送作家が早速ベッキーに苦言を呈する。
 「好感度を気にするあまり自分が出演する番組では、とにかく“いい人”キャラを演じがちなんです。例えば、高視聴率を取る日テレの『世界の果てまでイッテQ!』。女お笑いタレント・いとうあさこがTバック姿でお尻をペチペチ叩かれる尻ドラムに挑戦した。するとベッキーは一人だけスタジオで『かわいそう』『セクハラ寸前』などテンションが下がるコメントを連発し司会の内村光良を怒らせた。

出典:wjn.jp

 実は、ほとんどの『世界の果てまでイッテQ!』放送回でベッキーがスタジオで発したコメントの大半はカットされているという

出典:wjn.jp
ブラマヨ小杉

「TBSの番組で、ベッキーと共演しているブラックマヨネーズの小杉竜一が自虐ネタのトークを披露していたのですが、突然ベッキーがトークに割って入ってきて話を横取り

出典:www.excite.co.jp

小杉は『毎回、毎回、お前は何やねん!』とマジ切れし、カメラが止まってからも怒りが収まらない様子でした。彼女は大御所のタレントやテレビ局の重役にすり寄る一方で、ADに対しては、台本に目を通して『これのどこがおもしろいの?』『私はアーティストなのよ。水ではなく白湯を用意して』など、わがまま放題なので、現場スタッフの受けは最悪です」(番組関係者)

出典:www.excite.co.jp

芸能人の間で“芸能ポリス”呼ばわれ

ベッキー

出典:topicks.jp
ベッキー

「芸能人の間でベッキーは“芸能ポリス”と呼ばれ、誰が誰とつきあってるだの、誰が別れただのという情報を仕入れては、『あの子とは別れたほうがいい』などと、他人の交際に口を挟んでくるので煙たがっているタレントは多い」(放送作家)

出典:www.excite.co.jp

注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する