20代は保険に入るべき?選び方のポイントまとめ

20代になると、そろそろ親の力を借りず、自分でなんとかしなきゃと思うことが増えてきますよね。その1つが保険。加入を検討している人も、将来加入しようと思っている人もまずは保険についての知識が必要ですよね。そこでこの記事では20代の保険の選び方やポイントについてまとめました。 最終更新日:2018年08月26日

作者に連絡

view

まず子供をめぐるリスクとして思いつくのは、病気やケガをして治療費がかかることではないでしょうか。
そして、医療保険はそのリスクに対して備えるために必要だというわけで

出典:www.hokennavi.jp

将来的に子供が病気やケガをし、「健康状態で医療保険に加入できず入院や手術の備えが何もない・・・」ということにならないように、ご両親が小さいうちに最低限の保障を“持たせておいてあげる”ことが子供の医療保険の大きな意味だと言えます。

出典:www.hokennavi.jp

■子供の教育費や生活費をカバーする定期保険

たとえば、夫婦のどちらかに万が一のことがあり、収入が減少したことによって子供が生活に困ったり、やりたい事や将来の夢を諦めたりといったことは避けたいところでしょう。
その意味で、子供がいる家庭の場合、両親に万が一のことがあっても独立するまで子供が経済的に困らないように手厚い死亡保険(定期保険)を用意しておいたほうが安心です。

出典:www.hokennavi.jp

■学費を準備するための学資保険や終身保険

子供にかかる大きな費用の1つとして、学費が考えられます。
現在、日本の高校進学率は97%を超え、大学進学率は54.6%となっています。
子供のほとんどが高校に進学し、さらにその半数以上が大学まで通うことになる計算です。

出典:www.hokennavi.jp

普通に考えて、いくら子供のためとはいえ、これだけ大きな費用を自分の手で少しずつ貯蓄していくのはかなり大変な作業でしょう。
そのようなときに活用できるのが「学資保険」や「終身保険(低解約返戻金型)」です。

出典:www.hokennavi.jp

保険を学費の貯蓄として活用するメリットは、「保険契約なので毎月保険料が引き落とされ貯蓄が自動化できる」「途中解約すると支払った保険料より受け取る保険金が少なくなることが多いので、これを避けるために途中解約しないで満期まで続けやすい」「銀行の利率よりも利回りが高いケースもある」といった点です。

出典:www.hokennavi.jp

迷ったときは保険のプロに無料相談!

以上、20代の人の保険加入の選び方・ポイントまとめでした。

とはいえ、これだけの情報だけでは、「結局どの保険を選べば良いかわかならい」「もっと詳細に知りたい」という人は多いのではないでしょうか。

そんなときは、保険のプロに相談するのが1番です。

「保険テラス」は35社以上の保険会社の保険商品を取り扱っています。またMDRT会員もいる相談員や契約後も継続したサポートを受けることができます。

そして最大の魅力が保険テラスのサービスは全て「無料」ということ。保険テラスは保険代理店であり、取り扱い保険会社との契約手数料を収益としているため、相談・見直しが何度でも無料で行っています。

ご自身の状況に合わせた最適の保険がきっと見つかるはずです。


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する