20代は保険に入るべき?選び方のポイントまとめ

20代になると、そろそろ親の力を借りず、自分でなんとかしなきゃと思うことが増えてきますよね。その1つが保険。加入を検討している人も、将来加入しようと思っている人もまずは保険についての知識が必要ですよね。そこでこの記事では20代の保険の選び方やポイントについてまとめました。 最終更新日:2018年08月26日

作者に連絡

view

専業で家事をするパートナーの保険ですが、仕事をしているパートナーほど手厚い保険は必要ありません。
最低限の「医療保険」と「死亡保険」を準備しておきましょう。
専業で家事をするパートナーが病気やケガで入院・手術をした際にも、その治療費はかかってきます。

出典:www.hokennavi.jp

専業で家事をするパートナーが入院している間、残された家族は外食が多くなったり、ホームヘルパーやベビーシッターをお願いしたりすることもあるかもしれません。
このように入院・手術をしたときに治療費も含めて普段よりも様々な費用がかかってくるのは確かですから、それに備えて最低限の医療保険は用意しておいたほうが良いでしょう。

出典:www.hokennavi.jp

どうしても葬祭費用などは必要になってきますし、残されたパートナーが仕事と家事・育児の両立が厳しく、ホームヘルパーやベビーシッターを利用することも考えられます。
ですので、最低限の葬祭費用+αとして300万円~600万円程度のコンパクトな死亡保険は用意しておいても良いかもしれません。

出典:www.hokennavi.jp

②共働きの場合は【医療保険・就業不能保険】がオススメ!

共働き夫婦のご家庭の場合、夫婦ともに仕事で収入を得ていますから、どちらか一方が病気やケガで働けなくなったとしても、入院・手術による「治療費などの出費の増加」と、働けないことによる「収入の減少」が発生します。

出典:www.hokennavi.jp

共働き夫婦の保険は、どちらが病気やケガで働けなくなったとしても、「治療費などの出費の増加」や「収入の減少」に対応できるよう、それぞれバランス良く「医療保険」と「就業不能保険」を用意しておくのがオススメです。

出典:www.hokennavi.jp

共働き家庭でもパートナー間に大きな収入の差があるのなら、その収入の割合に応じて「収入の多いパートナーには手厚い保険、収入の少ないパートナーには比較的に手薄な保険」といった形にしても良いかもしれません。

出典:www.hokennavi.jp

③子供がいる場合【医療保険・定期保険・学資保険・終身保険】

■子供が怪我や病気した場合の医療保険


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する