ガンホー、パズドラ配信後初の減収減益 スマホゲーム市場は転換点

ガンホー・オンライン・エンターテイメントが2日発表した2015年12月期連結決算は、12年2月の人気ゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」の配信開始以来、初めての減収減益となった。ガンホーの“失速”は、急成長を続けてきたスマートフォン向けゲーム市場が転換点を迎えたことを示しているといえそうだ。 最終更新日:2016年02月03日

作者に連絡

view

ガンホーの16年12月期の業績予想は「短期的な事業環境の変化が激しい」などとして開示していない。ガンホーはパズドラの成功で売上高が約18倍に膨らむなど急成長を遂げた。13年には一時、時価総額が任天堂を上回った。パズドラは先月26日、国内累計4000万ダウンロードを達成。スマホ2台に1台を超える計算になる。

 スマホ広告事業を展開しているサイバーZなどの試算では、16年のスマホゲーム市場規模は3年前の1.5倍の8238億円と成長は続く。だが、ヒットすれば大きな収益が見込めることから、新規参入が相次ぎ、競争が激化しているようだ。ガンホーは今後、海外事業や他のゲームを中心に成長戦略を描く。会見で、森下社長は「2年以上続くタイトルはひと握り。飽和して厳しい市場になった」と述べた。

 またガンホーは2日、孫泰蔵会長が代表権のない取締役に退くと発表。3月22日に開く株主総会後の取締役会で正式決定する。会社側は「一身上の都合を理由に申し出があった」と説明している。孫会長はソフトバンクグループの孫正義社長の弟。

出典:SankeiBiz
パズル&ドラゴンズ(パズドラ ...

パズル&ドラゴンズ

出典:andronavi.com
パズル&ドラゴンズ
パズル&ドラゴンズ パズドラ ...

注目まとめ

人気まとめ

まとめ作者

daitaka

daitakaさん

群馬県の利根川が流れる街で生まれて、今は埼玉県の荒川が流れる街に住んでいる、 昭和生まれのおじさんです。