実は3回以上結婚していた驚きの有名人ランキング

昨年からメディアを賑わせてきた三船美佳と高橋ジョージの離婚騒動。 結婚よりも大変だと言われている離婚。そんな結婚・離婚を何度も繰り返している有名人は少なくありません。 そこで今回は、3回以上結婚していて驚いた有名人について探ってみました。 最終更新日:2016年05月01日

作者に連絡

view

1位 舛添要一 81票

3回

1948年11月29日(67歳)

1位は「舛添要一」が選ばれました。東京都知事として活躍している舛添要一。しっかりとした人となり、口調から多くの人から支持を集めています。
そんな彼の結婚歴はなんと3回!子どもは5人いるそうです。一回目の結婚相手は留学中に出会ったフランス人女性。そして二回目の結婚相手は政治家として有名な片山さつき。
離婚のきっかけは、舛添要一のDVだったとか…。三回目の結婚相手は15歳年下の現在の奥様。

そんな彼は、実は政界きってのプレイボーイとしても知られているようです。

出典:gooランキング

2度の離婚歴がある。最初の妻は留学時代出会ったフランス人。2度目の妻は大蔵省官僚時代の片山さつき(当時:朝長さつき)であり、衆議院議員だった近藤鉄雄の紹介でお見合いしたのが馴れ初めで1986年に結婚。しかし実質的な結婚生活は長続きせず、3か月後には片山が弁護士に相談する事態に陥ったといい、調停を経て1989年に離婚。1996年6月に現在の妻である元秘書の女性と3度目の結婚、2児をもうけている。

出典:Wikipedia

2位 六角精児 75票

4回

1962年6月24日(53歳)

2位には「六角精児」。大人気テレビドラマシリーズ『相棒』(テレビ朝日)をはじめ、名脇役として知られている六角精児。
失礼ながら、モテキャラとは縁がなさそうな彼ですが、実は今まで4回も結婚しています。相手は一般人女性。離婚の原因は彼の借金とギャンブル中毒にあるそう。

あまりのギャンブル癖の悪さに、奥さんに逃げられる…というパターンを繰り返しているようです。

出典:gooランキング

初婚は20代の時(2年で離婚)で、以後3度の離婚歴があり、3度目の妻との間には長男を儲けている。そのため「20代、30代の頃は辛すぎてよく覚えていない」とも語っている。インタビューでプライベートでの相棒は、7年間以上飼っている亀であると答えていたが、2011年10月に2度目の妻と復縁し、4度目の結婚をしていたことが明らかになった。

出典:Wikipedia

3位 堺正章 74票

3回

1946年8月6日(69歳)

3位は「堺正章」がランク・イン。巨匠こと堺正章。彼も結婚歴が3回あります。一回目の結婚は一般人女性と。離婚のときの慰謝料が億越えだったと噂されています。二回目の結婚はタレントの岡田美里と。
そして約5年前に一般人と三回目の結婚をしています。テレビではユーモアあふれる姿でおなじみですが、私生活はかなり波乱万丈だったようですね。

出典:gooランキング

プライベートでは1974年に一般女性と結婚したが、1980年に離婚。その時の慰謝料が1億円と噂されたことで、一部メディアで話題になった。
1989年、タレントの岡田美里と2度目の結婚。2児(長女はアパレルブランドのデザイナー・ファッションブロガーの菊乃、次女は女優の堺小春)を儲けるも、2001年に離婚。岡田は会見の中で、岡田自身が幼少時に実父E・H・エリックから受けた家庭内暴力によりPTSDを発症しており、1995年に流産を経験した頃から状態が悪化。堺の何気ない行動にも過敏になってしまい、生活を共にすることが苦痛になったことを離婚の原因に挙げ、堺からの暴力・暴言が原因ではない事を語っている。
65歳の誕生日である2011年8月6日、2002年ごろに出会い、8年以上にわたって交際していた22歳年下の一般女性と3度目の結婚。

出典:Wikipedia

注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ

まとめ作者

chake

chakeさん

芸能人・有名人のランキング情報を主にまとめてます。 良かったらフォローよろしくお願いします。

まとめを作成する