ピース又吉「ボケたのに皆に納得されることがある」 芥川賞受賞後の悩み

週刊SPA!の人気連載『坪内祐三×福田和也 文壇アウトローズの世相対談「これでいいのだ!」』文芸評論家・坪内祐三 特別編として、お笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんとの対談の中で語られたピース又吉の本音。 最終更新日:2016年02月28日

作者に連絡

view

不思議やなと思うのは、小説家の羽田さんがテレビに出たら変なことを求められるじゃないですか。それは「小説家やのに変なことをやってる」って面白さがあると思うんですよ。それが、僕はずっと変なことを言う仕事をしてきて、テレビでも変なヤツとして扱われたのに、小説を書くとまともなコメントを求められるようになったんです。単にふざけてても、「何か意味があるんじゃないか」と思われたりして。

出典:yahooニュース

2人で出るときは相方がツッコむから簡単なんですよ。ただ、一人で出てふざけたとき、皆に「なるほど」とか言われると心が折れそうになりますね。聞く側がどう受け取るかで、発言って全然変わってくるじゃないですか。それを感じてますね。

出典:yahooニュース

手紙は結構来ますね。批判されると腹も立つんですけど、一番怖いのは自分が納得する批判ですね。「うわ、そこは目が行ってなかった」っていうときは気になります。ツイッターとかの、パターン化された批判の仕方やったら、「こいつはもしかしたらすごい才能がある人間なんじゃないか」っていう恐怖感がありますよね。手紙の場合は、2枚書いてくれたら、その人がただの変なヤツやってわかるんで、その安心感はあります。

出典:yahooニュース

... 芸人、ピース又吉直樹の人生

ピース又吉の小説「火花」出版 ...

ピース又吉 [9935248] | 完全無料 ...

出典:prcm.jp

ピース又吉 [9935248] | 完全無料 ...


注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ