「『ちはやふる』の撮影はすごく楽しかったんですけど、お芝居を始めたころはイヤイヤだったんです」とその当時の思いを語りだした広瀬。「それまでずっとバスケをやっていたから、自分にとってはそっちの方が大事だったんです。でも、気付いたら事務所に入っていて。そのときの自分を見ると、楽しくないんだろうなという顔をしています(笑)」。

出典:yahooニュース
>

【画像あり】広瀬すずが語る姉の背中「アリスの妹」がバネに◎

昨年の『海街diary』で主要映画賞の新人賞を総ナメにし、『ちはやふる』でついに映画初主演を務める広瀬すず。そんな飛ぶ鳥を落とす勢いの彼女だが、「最初はイヤイヤこの世界に入ったんです」と衝撃告白。姉・広瀬アリスの存在や、いまの気持ちを赤裸々に語った。