【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

プライバシーマークって何? 個人情報保護法 改正から18年。費用は?自分には関係ない?

企業の個人情報漏洩による顧客離れ、株価の暴落etc・・・ そしてその組織で働く会社員にも非常に関係性の深い「個人情報保護法」 よもや知らないとは許されない時代ですよね。 でも「プライバシーマーク」はご存知ですか? 大企業では取得している所が多いですが、そもそもいくらで取得出来るのか? 最終更新日:2016年08月10日

作者に連絡

view

よく見るようにはなったけど、そもそもどのくらいの費用がかかるのか?

無料で取得出来るの?

プライバシーマークは無料で取れるかと言うと、そう言う訳には行きません。
種々費用がかかります。

大まかに分けると、
1.プライバシーマークの審査機関に支払う申請費用、審査費用、付与登録料 
2.設備投資にかかる費用 
3.コンサルタント費用などです。

申請、審査、付与登録の合計額は、小規模事業者で308,573円、中規模事業者で617,144円、大規模事業者で1,234,286円となっています。

プライバシーマークは高いか?安いか?

業種分類と事業規模で異なり、小企業の場合は約206千円、中企業の場合は約463万千円、大企業の場合は約977千円となっています。審査対象となる事業所の数が多い場合はその費用も必要になります。

これらが安いか高いかということですが、この金額だけ見ればそんなに高い印象はないはずです。
概して言えば、相対的な判断ですが、小企業には高いものとなるということができるでしょう。

しかし、今日のビジネスでは、特に顧客相手の場合は、プライバシーマークを取得しているかどうかで、信用が大きく異なるという背景があります。良いとか悪いとかではなく、取得していなければ話にならないというところもあります。

たしかに、個人情報保護の意識が低い組織なんて怖くて取引しようと言う気にならない。

助成金もあるようです。

プライバシーマークの助成金申請はこうやる


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する