【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

「実は本命」と気づかせるバレンタインチョコの渡し方

ひそかに狙っている同僚がいるなら、バレンタインを活用するのも一つの方法です。そこで男性読者に、本命と気づかされてドキドキしたバレンタインデーの思い出を聞いてみました。そこから見えてきた「理想の本命チョコのわたし方」をご紹介します。 最終更新日:2014年02月14日

作者に連絡

view

.

【1】「よかったら今度食事でも!」と関係を発展させるためのメッセージを添える

「女性から誘われると、いろいろ考えてしまいます」(20代男性)のように、食事や飲みなどのお誘いは相手を意識させる第一歩となるようです。「来週とか、どうですか?」と具体的な期日を添えておくと、本気度の高さがアピールできるでしょう。

【2】「こっちは義理、こっちは本命。どっちにしますか?」と冗談っぽく二つ差し出す

「みんなと一緒の義理チョコ以外に、『こっちは○○さんにだけ!』と高価そうなヤツをもらっちゃいました」(20代男性)と特別なチョコを別にもらった、という経験談も寄せられました。脈がなさそうなら「冗談です、はい、コレどうぞ」と義理チョコだけを渡せば、彼との関係が気まずくならずにすみそうです。

【3】エレベーターや踊り場など二人きりになれる空間で、目を見つめながら渡す

出典:nanapi.jp

「人目をはばかるように呼び出されて、ドキドキしてしまいました」(20代男性)と、秘密めいた態度にときめいてしまった男性もいました。「○○さんにはちゃんと渡したくて」と言いつつ差し出せば、より特別感を演出できるでしょう。

【4】バレンタインの次の日に「迷ったけど渡したくて」と時間差で渡す

出典:howcollect.jp

注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ