GDP世界第1位の経済大国 ”アメリカ人”の財布事情

アメリカは、カード決済が主なので普段は100ドル程度しか持ち歩いていないといいます。アメリカ人の財布について紹介します。 最終更新日:2014年01月20日

作者に連絡

view

消費税がありませんので、日本のようにお釣りに硬貨がたくさんというケースも少ないのでしょう。
千葉 名刺の入っていたプラスチックケースを財布代わりに使っている人もよく見かけます

出典:www.excite.co.jp

名刺のケースは手頃な大きさで、名刺とお札と硬貨も収納できるので便利なわけです。また、アメリカでは名刺入れを持つ習慣がありませんし、日本のように名刺の取り扱いが丁寧ではありません。

パーティなど多くの名刺を配る必要がある席では、名刺の束を輪ゴムで留めたり、クリップで挟んでいる人もいます。

出典:www.excite.co.jp

導き出されるアメリカの財布事情

(1)財布は薄い二つ折りが主流であり、パンツのポケットに入れている。
(2)カード決済が主流で、現金はあまり持ち歩かない。少額でもカードで支払うことが多い。
(3)コインケースは持たずに、コインをポケットに直接入れている。
(4)プラスチックの名刺ケースを、そのまま財布に使うこともある。
(5)マネークリップは使わない。

出典:www.excite.co.jp

注目まとめ

関連まとめ