【マナー検定・簿記検定】基礎から学べる!仕事に役立つ資格・検定5選

最近話題になっているマナー・プロトコール検定など、社会人がとるべき資格・検定についてまとめました。 最終更新日:2017年03月22日

作者に連絡

view

資格はあるに越したことない!

まずは、信頼の証という意味での必要性です。

出典:formie.net

各分野における専門知識と技能を有するプロとしての信頼性を証明する資格の必要性がかつてなく高まっています。

出典:formie.net

2つ目は、資格に関連する企業への就職や転職活動で有利に働くという点での必要性です。資格は理論ベースで現在の知識レベルを提示する役割を持つため、業界未経験者の求人を出している企業からしても、有資格者を優先したほうが、即戦力やサービスの向上につながりやすいと考えられるためです。

出典:formie.net

日本マナー・プロトコール検定

日本人として社会人として必須のマナーやプロトコール(国際儀礼)に関わる知識と技能を認定する資格

出典:www.e-manner.info

受験方法は、公開検定と通信教育後の在宅検定(2級・3級のみ)があり、公開検定は毎年6月と11月に実施されている

出典:www.e-manner.info

当協会の名称が「日本マナー・プロトコール協会」である理由は、今後は国際交流の観点からも国旗の扱いを中心としたプロトコールの重要性が増していくことと考え、外交儀礼であるプロトコールを協会名に加えることとしました。プロトコールについては、斯界第一人者である寺西千代子氏(元外務省儀典企画官)に理事にご就任いただいています

出典:www.e-manner.info

故小笠原忠統氏(小笠原惣領家当主、小笠原流礼法宗家)、故北岡靖男氏(TOEIC創始者)、故阿部美哉氏(國學院大學学長)、故酒井美意子氏(ハクビ総合学院学長、侯爵前田利為氏長女)など斯界の第一人者(※肩書は当時のもの)と、現専務理事 三浦博史(平成4年度内閣府「世界青年の船」ナショナルリーダー)、現理事長 明石伸子(元日本航空)が中心となって間違ったマナーや日本のしきたりを伝えないためには、正しいマナーやプロトコールに関するデータベースの作成が急務であるとの認識に至り、協会設立に向けた事前活動が始まりました

出典:www.e-manner.info

日商簿記2級


注目まとめ

人気まとめ

まとめを作成する