<

聴力を失った作曲家で「現代のベートーベン」と呼ばれる作曲家の佐村河内守氏(さむらごうち・まもる=50)の楽曲は別人が作曲していたことが分かった。佐村河内氏の代理人の弁護士が5日未明、「交響曲第1番 HIROSHIMA」などの主要な楽曲は、別の音楽家が作ったものだったと、明らかにした。

 ソチ冬季五輪フィギュアスケート代表の高橋大輔がショートプログラム(SP)で使用予定の楽曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」も、佐村河内氏の作品ではないという。

 佐村河内氏の作品を「本当は自分が作曲している」という人物が、その事実を告発する準備。背景には佐村河内氏との間で意見の対立など何らかのトラブルがあったようだ。

出典:www.sponichi.co.jp
>

【動画あり】佐村河内守が高橋大輔の曲を自分で作曲せず、ファン憤慨!

聴力がない作曲家として絶大な人気を誇るのは佐村河内守。このたび、自身の代表曲などを別人に作曲させて自分名義として発表していた事実が明らかになりました。画像や動画、ツイートなどまとめました。