<

在学中から同人活動を始め、卒業後に島津郷子のアシスタントを約3年間務める。1999年に『モーニング新マグナム増刊』に掲載された『話田家』でデビュー。
なんともいえないギャグ漫画のような、ミステリーのような、SFのような、アクションのような、ヒューマンストーリーのような、福袋のような、脱力感たっぷりの漫画を描く。その才能は他の漫画家からも高く評価されている。
画材はつけペンではなくミリペン(ピグマ)を使用している。
漫画家とは別にバンド活動も行なっている。楽曲は様々な漫画家の楽曲が収録された「漫画家バンド大戦CD」に収録されている。

出典:ja.wikipedia.org
>

【漫画家】小田扉、画像とtwitterまとめ【前夜祭】

漫画家、小田扉。才能ある画風で人々の心を豊かにしてくれます。そんな小田扉の画像やtwitterなどをまとめてみました。世にも奇妙な物語のテレビドラマの原作としても採用されたりしています。