【200日間飛び続ける】アマツバメの画像と動画まとめ

鳥になって空を飛んでみたいですよね。ほとんどの渡り鳥は、飛ぶことにエネルギーをかなり使うので休みながら目的地に飛んでいきます。しかし、アマツバメは200日間休まず飛び続けます。最速のスピードを持つというアマツバメ。どんな鳥なのでしょうか? 最終更新日:2013年10月15日

作者に連絡

view

アマツバメってどんな動物?

アマツバメ

アマツバメ(雨燕、Apus pacificus)は、動物界脊索動物門鳥綱アマツバメ目アマツバメ科アマツバメ属に分類される鳥。

高山帯や海岸の断崖などに生息する。渡りの際には平地や市街地で見られることもある。
がん壁等にしがみ付いてぶら下がるように止まる。地面に降りると、脚で歩いたり羽ばたいて飛び立ったりできない。食性は動物食で、昆虫類を食べる。交尾や睡眠を飛びながら行なう事もある。
繁殖形態は卵生。断崖に空中で集めた枯草などを唾液で固めた皿状の巣を作り、日本では6-8月に1回に2-3個の卵を産む。雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は約40日。 又、飛行速度は106MPH(169km/h)に達することもあり鳥類の中でも最速の部類に入る

出典:ja.wikipedia.org

アマツバメ2

Img_2528

野鳥 ハリオアマツバメ

出典:dasabou.jp

野鳥 ハリオアマツバメ

アマツバメ

アマツバメ

ハリオアマツバメ

出典:ohsanpo.com

ハリオアマツバメ

Apus barbatus

アマツバメ

何が話題なの?


注目まとめ

人気まとめ