ヘイトスピーチで話題になった在特会の動画まとめ

在特会の動画をまとめました。 最終更新日:2013年10月08日

作者に連絡

view


出典:YouTube
【在特会】 日本独立! 8.6平和カルト追放キャンペーン!in 広島より 西村斉VS高橋直樹
ダイジェスト。 2013年8月6日広島にて。 生放送コミュニティ 「酒と政治と音楽と」 http://com.nicovideo.jp/community/co1419774.

出典:YouTube
在特会 講演会に基地外朝鮮人が潜入、仕舞に脅迫?
ニコニコ動画から転載 http://www.nicovideo.jp/watch/sm21249365.

出典:YouTube
【在特会】神奈川デモ後シバキ隊襲来1【2月23日】
シバキ隊襲来の様子 無編集3本組 警察にも公開の旨伝えてあります 無編集で撮影した物すべてうpしております 途中マイクケーブルが抜けるなどアクシデントが有り3分割されています 撮影時刻(ビデオデータより) 2013-02-23-16-01-37.

出典:YouTube
【在特会】桜井誠会長釈放の様子【6月18日】
6月18日桜井誠会長釈放の様子.

在特会とは在日特権を許さない市民の会の略です。

2006年(平成18年)12月2日の準備会合で会の設立を決定し、翌年の2007年(平成19年)1月20日の発足集会以後に正式な活動を開始した。会長は桜井誠(活動を行う際の仮名)。
日本国内に居住する在日韓国・朝鮮人が特別永住資格や様々な経済的便宜などの特権(在日特権)を不当に得ているなどと非難し、その撤廃を目標に街宣・デモ・集会等の活動を展開している。また在日韓国・朝鮮人以外の外国人に関する政策を始め、歴史認識問題、日本の核武装論の是非など多種多様なテーマについて保守的・右派的スローガンを掲げ、各地で「反日的」とみなした個人や団体への街宣・デモ・集会などを盛んに開催している[3][10]。

出典:ja.wikipedia.org

街宣などの様子を撮影した動画を動画投稿サイトにアップロードし、掲示板・ブログ・Twitterなどを利用してインターネット上で支持を呼びかけるという手法により急速に支持を拡大してきた[11]。発足時の会員数は約130人だけだったが、2007年(平成19年)3月には1,000人を超え、2011年(平成23年)4月には10,000人に達した。2012年(平成24年)12月時点で12,000人を超えるWEB会員を擁し、1,500人から2,000人程度の動員力を有するなど[12]、多くの右派系市民団体の中でも知名度の高い団体の一つである[13][14]。
また同様の活動を行う右派系市民団体(しばしば「行動する保守」と総称される)と共闘する場面も多く見られるほか、日本最大の右翼団体の日本青年社や元政治団体で現在は市民団体の「千風の会」などの街宣右翼団体とも共闘・協力関係がある。ただし全ての右翼系市民団体や街宣右翼団体と協力関係にあるわけではなく、日本を護る市民の会(日護会)のように協力関係から対立関係に転じたものもある[15]。

出典:ja.wikipedia.org

街頭活動時に非常に過激で挑発的・差別的な言動を多用するという特徴があり[16]、参加者が対立勢力の関係者や、批判をした通行人に暴力を振るうという事態も起きている[17][18]。さらに幹部・会員が活動に際して業務妨害や器物損壊などの行為に及び、刑事責任を問われたケースも複数存在する(後述)。
また単に制度的な「在日特権」を非難するだけではなく、しばしば在日韓国・朝鮮人そのものの排斥まで主張することから[19]、日本の公安調査庁を始めとする国内外の公的機関やマスコミなどによって排外主義団体などとみなされ、批判・警戒されることも少なくない[6][7][8]。公安調査庁は平成24年度版『内外情勢の回顧と展望』のコラムにおいて「在日韓国・朝鮮人の追放など排外的な主張を掲げ、活動状況をインターネットの動画サイトに配信して不特定多数の参加者を集める手法を用いながら、街頭行動を中心とする活動を行う右派系グループ」として取り上げた[6]。また、ジャーナリストの安田浩一は「彼らは右翼でも保守でも民族派でもない。レイシストだ」と評している[20]。

出典:ja.wikipedia.org

注目まとめ

人気まとめ