【画像】10月6日の情熱大陸、片岡愛之助に密着、隠し子は?【半沢直樹】

10月6日の情熱大陸は片岡愛之助に密着!隠し子が気になる人が多いです。半沢直樹でのらぶりんの熱演は好評でした。画像や動画をまとめました。 最終更新日:2013年10月07日

作者に連絡

view

六代目 片岡 愛之助(ろくだいめ かたおか あいのすけ、1972年(昭和47年)3月4日 - )は、歌舞伎役者。屋号は松嶋屋。定紋は追っかけ五枚銀杏。歌舞伎名跡「片岡愛之助」の当代。上方舞の楳茂都流四世家元としての名取は三代目 楳茂都 扇性(さんだいめ うめもと せんしょう)。

出典:ja.wikipedia.org

1972年、大阪府堺市生まれ。本名は片岡 寛之(かたおか ひろゆき/旧姓:山本)。愛称は『愛之助』からの連想による「ラブリン」。歌舞伎とは無縁の、スクリュー製造工場を営む家庭に育った。1977年に稽古事の一環として受験した松竹芸能の子役オーディションに合格。実家から同社のタレント養成所へ通いつつ、現代劇の舞台公演などで子役としての経験を積んだ。

1994年に名題昇進。1997年の咲くやこの花賞を機に、国立劇場優秀賞(2002年)、大阪舞台芸術新人賞(2003年)、大阪舞台芸術奨励賞(2005年)、松尾芸能賞新人賞(2006年)等を受賞した。また秀太郎が提唱する「平成若衆歌舞伎」の中心メンバーとして、歌舞伎の伝統と現代演劇の新味を融合させた舞台活動にも取り組んでいる。また、入門後は20年以上に渡り本業へ専念したが、2003年の「夜桜お染」よりテレビ時代劇にも出演し、2011年にテレビ朝日系列で放送された連続ドラマ『ハガネの女』シーズン2で30年ぶりに現代劇へ登場。2013年のテレビドラマ『半沢直樹』ではオネェ口調のエリート官僚役で話題を集めた。

出典:ja.wikipedia.org

歌舞伎役者らしく、スキャンダルはそれなりにあります(笑)

2011年、女性週刊誌『女性セブン』(小学館)3月3日号で元ホステスとの間に小学校5年生の男児(当時)の隠し子がいると報じられ、愛之助は会見を開き同誌の記事について「おおむね事実でございます」と認め、養育費など生活の援助は続けているが認知していないことを明かし、現在は別居している子どもについて今後認知するかどうかについては、「子どもがもう少し大きくなって本人の意見を聞きたい」とした[2]。
2013年、TBSの日曜劇場『半沢直樹』に国税局・黒崎駿一役で出演。オネェ口調で激怒すると男性部下の股間を鷲掴みにするキャラクターを演じ話題となった。高視聴率も相俟って人気キャラクターとなり、原作者の池井戸潤はドラマ放映時に執筆中だった半沢直樹シリーズ第4作「銀翼のイカロス」に、当初は予定になかった黒崎を登場させると述べた[3]。

出典:ja.wikipedia.org

注目まとめ

人気まとめ