【NHKで話題】篠原有司男のボクシングペインティング画像まとめ【動画】

現代美術家でボクシング・ペインティングを得意とする篠原有司男さん。 NHKでその話題が取り上げられました。 クシング・ペインティングと言われてもわからないので 画像や動画をまとめてみました。 最終更新日:2013年10月04日

作者に連絡

view

東京麹町生まれ。
1952年、東京芸術大学美術学部油絵科に入学、林武に師事。1957年、同校を中退。1960年、「読売アンデパンダン展」で活躍していた吉村益信、赤瀬川原平、荒川修作らとともに「ネオ・ダダイズム・オルガナイザーズ」を新宿ホワイトハウスにて結成。短い活動期間に多くの伝説を残す。日本ではじめて頭を「モヒカン刈り」にして、週刊誌のグラビアで紹介された。
その後も「イミテーション・アート」や「花魁シリーズ」などの「悪趣味」で「スキャンダラス」な作品を次々と発表。「ボクシング・ペインティング」は有司男の代名詞となるが、これはマスメディア向けのパフォーマンスであり、芸術のつもりは毛頭なかったと、のちに赤瀬川との対談で明かしている。
1969年、ロックフェラー三世基金の奨学金を受けて渡米、以後ニューヨーク在住。2007年、第48回毎日芸術賞を受賞。
2013年、篠原有司男夫妻を綴ったドキュメンタリー映画「キューティー&ボクサー」[1]がサンダンス映画祭ドキュメンタリー部門監督賞を受賞

出典:ja.wikipedia.org
話題になるだけの素晴らしい絵画でした!

日本を代表する美術家になって欲しいですね!


注目まとめ

人気まとめ