石川県県議会で批判続出!ゆるキャラ、ひゃくまんさん画像まとめ

石川県のゆるキャラ、ひゃくまんさん画像まとめ 最終更新日:2013年10月02日

作者に連絡

view

2015年春の北陸新幹線金沢開業をPRするため、石川県が採用したキャラクター「ひゃくまんさん」について、県議会から「かわいくない」「人気が出るのか」など、批判や疑問の声が続出している。開会中の議会で関連質問した県議延べ10人のうち、評価する意見はほとんどなかった。谷本正憲(まさのり)知事は、発表当初こそ不評だったものの、その後人気者になった奈良県のキャラクター「せんとくん」を引き合いに「注目が集まるのは歓迎」と動ずる様子はない。

出典:headlines.yahoo.co.jp

しかし、8月末の県議会常任委員会では「家族に聞いたら『気持ち悪い』と、さんざんだった」など否定的な意見が相次いだ。「だるまに似た姿から石川を連想するのは難しい」との指摘に対し、県が「背中に『石川県』と書いてある」と反論する一幕も。本会議では「個性的な姿だが、どうやって売り込むのか」との質問もあった。

 谷本知事は「期待や関心が寄せられている。せんとくんの例もあり、奇抜なデザインでいい」と強気の姿勢を崩さない。奈良県のせんとくんは「平城遷都1300年祭」のキャラクターとして08年に発表。「かわいくない」と批判を浴び、市民団体が別のキャラクターを作るなど騒動になった。奈良県観光振興課は「論争は起きたが、結果的に知名度が高まった」とみる。

 ひゃくまんさんをデザインした田中さんは「もう少し長い目で見て、一緒に石川のシンボルに育ててほしい」と話している。

出典:headlines.yahoo.co.jp

注目まとめ

人気まとめ