【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

新幹線を見くびるな!タイ高速鉄道の「受注競争」=中国メディアの報道

日本の新幹線がタイに輸出される可能性が高まったことを受けて中国の高速鉄道が巻き返し?安全性と中国高速鉄道の事故などの紹介です。 最終更新日:2015年06月06日

作者に連絡

view

新幹線を見くびるな!・・・タイ高速鉄道の「受注競争」の結論はどっちだ?

日本が誇る高速鉄道 ★新幹線 ...

日本とタイがこのほどバンコクとチェンマイを結ぶ路線について新幹線方式を採用することを前提に、事業の採算性などを調査する覚書を交わしたことについて、中国メディアの経済参考網は5日、「新幹線の競争力を見くびってはいけない」と論じた。

出典:ライブドアニュース

酵素くてどうは日本が元祖ですから当然といえば当然!

記事は、タイ高速鉄道のバンコク-チェンマイルートにおいて新幹線が採用される可能性があることを指摘する一方で、中国とタイの高速鉄道における協力は「まだ未知数」の段階にあると指摘した。

出典:ライブドアニュース

さらに、世界の高速鉄道は主に3つの陣営に別れると主張し、1つ目は低コストを強みとする中国高速鉄道、2つ目は高い安全性を誇る日本の新幹線、3つ目は欧州の高速鉄道メーカーであると伝える一方、「欧州は相対的に競争力は低い」と主張。続けて、世界の高速鉄道市場において「新幹線は間違いなく中国高速鉄道の最大の好敵手」と主張し、品質と安全性こそ新幹線の強みだと論じた。

出典:ライブドアニュース

それは正しい認識だと思います。

日本の新幹線の歴史

Tema: TRENES? 333 o 269? 436 o 440 o 444?

新幹線(しんかんせん)は、JRグループが運営する日本の高速鉄道である。

1964年(昭和39年)10月1日に東京駅 - 新大阪駅間に開業した東海道新幹線に始まり、国鉄時代には山陽・東北・上越の各新幹線が開業した。JR化後も、従来のJR線(在来線)と新幹線とで直通運転を行うミニ新幹線として山形・秋田の2路線が開業し、高速運転が可能な本来の新幹線規格(フル規格)でも北陸と九州(鹿児島ルート)の2路線が開業に至るなど、新幹線網の拡大は半世紀にわたって続けられている。2015年現在も北海道・北陸・中央・九州(長崎ルート)の各新幹線が建設中である。

出典:Wikipediaより引用

1864年開業なんですねえ・いまから約50年前です。すごいです。

当初は日本国有鉄道(国鉄)が、現在ではJRグループの東日本旅客鉄道(JR東日本)、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、九州旅客鉄道(JR九州)が運営する日本の高速鉄道である[1]。2015年現在、フル規格6路線(合計2,616km)とミニ新幹線2路線(合計276km)が営業中で、利用者数は年間で3億3400万人(2013年度)に上る

出典:Wikipediaより引用

高架橋やトンネルなどが多く踏切もない新幹線では、通常の鉄道よりも更に定時性が高く、年間12万本もの列車が運転される東海道新幹線でも平均遅延時間は36秒に留まる(2011年度)[3]。また、50年にわたる新幹線の歴史の中で乗客が死亡する事故は一度も発生していないことがよく知られており、「新幹線の安全神話」と言われる。

出典:Wikipediaより引用

新幹線の安全神話は普遍ですね。

日本の歩き方 九州新幹線

中国高速鉄道の歴史


注目まとめ

人気まとめ