【告知】11月16日 システムメンテナンス終了のお知らせ

頑張ってるのに痩せない人の特徴3つ

痩せない人は頑張っている感を求めすぎて、結果的に痩せていないということがあります。 その特徴を三つまとめてみました。 最終更新日:2016年10月01日

作者に連絡

view

間食をよく食べる

痩せない人は、高カロリーなものが好きだったり、甘いモノが好きだったり…
比較的痩せている人に比べて、外食にもよく行くことが多いです。

出典:e-diet25.com

ダイエットしてる人で、お弁当は小さいのに他にお菓子は食べるというという謎な人もいますよね。
そのお菓子がお弁当よりもカロリーが高くなっているということも往々にしてあります。

カロリーを減らしすぎている

必要な栄養やカロリーを摂取せずにいれば、胃腸の働きは鈍り、体は飢餓状態だと錯覚します。この先もずっと食事抜きの飢餓状態を続ければ、理論上はそのままやせ細っていくのですが、当然、それでは生きていけません。

結果、あなたの体は飢餓状態でも生きられるように、カロリーを消費しない、脂肪を燃やさないカラダになっていき、ダイエット効率の悪い体に陥ってしまうというわけです。

出典:allabout.co.jp

体は安定を常に求めています。この時にあまりにもカロリーを減らす状況が長くなると、体は『このままでは生きていけない』と焦り、少ない摂取カロリーを消費カロリーが超えないように省エネモードに入ります。そうなると基礎代謝が下がってしまって、脂肪が燃えにくくなってしまうんですね。

カロリーを減らすことに注目しすぎて体が栄養不足になっている。肉=太るという考えがある

肉=太る!という考えも×。特に赤身の肉には代謝を上げて脂肪を燃焼する働きのある成分L-カルニチンが含まれています。L-カルニチンは牛・羊>豚>鶏の順に含まれているので、ダイエット中は、牛ヒレといった赤身の強い肉を選ぶのがポイント。

また、肉には筋肉の元となるタンパク質が含まれているのも◎。筋肉量が増えれば代謝も上がり、太りにくい体へと導いてくれます。さらに、甘い物を食べたい欲求を抑える働きのあるチロシンも肉に含まれています。ダイエット中にやたらと甘い物が食べたくなる人は、肉不足になっていないか食生活を見直してみると良いですよ。

出典:allabout.co.jp

ただ単にカロリーを減らそうとして、ゼロカロリーなものを食べたり、お菓子を食べてしまったからもう食べないというようなことをしていくうちに、体はたんぱく質不足になったりと、栄養素が不足してしまうんですね。そして脂肪燃焼の助けになる栄養素は主に肉類から摂取できるので、肉=太るという考えを持っていると、なかなか痩せにくくなり、痩せたとしても筋肉が失われただけで見た目も不健康な印象になってしまうんですね


注目まとめ

人気まとめ