自己破産、生命保険はどうなるの?

自己破産したら生命保険は解約しないといけないのでしょうか?自己破産するときに生命保険も解約して、解約した際に戻るお金も返済に充てるのでしょうか?自己破産と生命保険の関係について調べてみましたので是非ご覧ください。 最終更新日:2016年12月04日

作者に連絡

view

自己破産で解約しないといけない保険の種類

保険ラインナップ 横浜・関内 ...

保険を解約すると、解約返戻金というお金が戻ってきます。

自己破産した場合は、この解約返戻金を資産として組み入れ、債権者に分配しなければいけないケースがあります。

どのようなケースかというと、解約返戻金が20万円以上になるときです。

このような場合は、保険を解約する義務があります。

もう少し詳しく説明しましょう。

生命保険だけに加入している場合は、簡単です、保険会社で、試算をしてくれるので、それをもとに判断できます。

複数の生命保険に入っている場合は、それぞれに試算を出してもらい、合計した額をもとに決められます。

やはり、20万円以上なら、解約しなければいけません。

問題は、生命保険以外の保険に加入している場合です。

この場合も、すべての保険の解約返戻金の合計で決します。

といっても、保険の種類はいろいろありますが、どの保険だろうと、解約返戻金が一定以上なら、解約する必要が出てきます。

自己破産で解約しなくても良い保険の種類

... 解約返戻金」|保険スクエア

解約返戻金が、20万円以下なら、別に保険を解約するまでもありません。

生命保険でも、掛け捨てであれば、返戻金は0ですから、余計な手間をかける必要がありません。

また、自動車保険や火災保険は、解約返戻金が出ないことが多いうえ、生活するうえでなくてはならない保険です。

そういう意味では、自己破産しても、解約しないで済む場合が多いです。

ただ、居住用以外や不必要な家屋にかけた火災保険は、解約の必要が出てきます。

その他、健康保険や厚生年金、国民年金などの社会保険は、解約返戻金とは関係がありませんから、そのまま入っていられます。

いずれにせよ、すべての保険の解約返戻金の合計が重要ですから、しっかり計算をしておいてください。

自己破産時に保険の名義変更はできる?


注目まとめ

人気まとめ