★中国四川省で排水溝に挟まった10代少女★が笑えない訳?

スマホ普及に伴って、特にスマホ歩き中での事故が増えています。あなたの周りでも危険な目にあった人はいませんか? 笑えない事故にならないよう、この記事をご覧ください。 最終更新日:2015年07月24日

作者に連絡

view

「歩きスマホ」は危険がいっぱい:中国四川省で排水溝に挟まった10代少女

中国四川省綿陽市で「歩きスマホ」をしていた10代の少女が道路の排水溝に挟まってしまった。「歩きスマホ」でスマートフォンの画面に夢中だったのだろう、足元の排水溝に気が付かずに歩いていて、挟まってしまったようだ。そして足の細い少女は自力で排水溝から上がることができず、周辺の歩行者らも彼女を助けようとしたが、排水溝から足は抜けなかった。結局、消防隊が駆けつけて排水溝のバーを外して45分後に少女は救出された。

「歩きスマホ」は日本だけでなく、世界中で問題になっている。もうどこに行っても誰でもスマートフォンの画面を見ながら歩いている。

出典:引用:yahooニュース

出典:i.gyazo.com

スマホ依存症!?クジラに気づかない驚きの男性

スマホに夢中になりすぎてクジラが横に来ているのに
全く気づかない男性がネット上で話題になってます。
この男性もそうですが、スマホに夢中になりすぎて、
現実の世界で起こる感動的瞬間を見逃したり、
事故にあったりする人が増えてきているそうです。

出典:iphone-week.com

... 気づかない―そんな男性の写真

東京消防庁、歩きスマホ等に係る事故に注意!!

1 年別救急搬送人員


東京消防庁管内※1で平成22年から平成26年※2までの5年間で、歩きながら、自転車に乗りながら等の携帯電話、スマートフォン等に係る事故により152人が救急搬送されました。救急搬送された人の年別救急搬送人員では、平成26年は前年と比べて6人減少しました(図1)。

出典:東京消防庁

図1 年別の救急搬送人員

2 年齢区分別救急搬送人員


年齢区分別の救急搬送人員では、40歳代が36人と最も多く、20歳代から40歳代の搬送が多くなっています(図2)。

出典:東京消防庁

図2 年齢区分別の救急搬送 ...

3 事故種別ごとの救急搬送人員


事故種別ごとの救急搬送人員では、「ぶつかる」が65人と最も多く、全体の約43%を占めており、次いで「ころぶ」が43人、「落ちる」が38人となっており、この3つの種別で約96%を占めています(図3)。

出典:東京消防庁

注目まとめ

関連まとめ

人気まとめ