MS-18E ケンプファー

出典:ja.gundam.wikia.com

MS-18E ケンプファー

一年戦争末期、ジオン公国軍ではMS-14ゲルググに続くMS-16ザメル、MS-17ガルバルディ、MS-18ケンプファーの3種のモビルスーツ (MS) 開発が検討されていた。このうちMS-18プランは新たなMSの運用法を模索して開発されたものである。
本機は初期開発型のYMS-18からスカートアーマーが廃された以外は大幅な変更は施されず、外装の変更程度である。運用もYMS-18と同様で、型式番号は襲撃型 (Einhauen typ) または試作実験 (Experiment) の頭文字からMS-18Eとされた。なお機体名の KÄMPFERとはドイツ語で「闘士」を意味する。

>

[ガンプラ]この作例が凄い!HGUC「MS-18E ケンプファー」編[作例]

シリーズ待望の新作アニメ『ガンダムビルドファイターズ』も絶賛放映中で、にわかにシーンが過熱しているガンプラ。子どもの頃に熱中した方も多いのではないでしょうか。ところが近年のガンプラの進化がマジで半端ない!そこで初心者にお勧めな1/144スケールのHGUCシリーズの作例をキット別にまとめてみました。